スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

市民がつくる風車 北海道グリーンファンド 

京都産業大学の「地球温暖化へのアプローチ」のシンポジウムに、
北海道グリーンファンドの代表が来れれていて、
詳しくお話をお聞きすることが出来ました。
大阪にも「自然エネルギー市民の会」というNPOがあって、
何度かセミナーに参加してたんですが、
いや~、北海道、進んでますねぇ。

ブログランキングに参加しています。応援宜しくお願いします
   ↓
にほんブログ村 大阪情報
1999年に設立された「北海道グリーンファンド」
その後、2001年に「株式会社市民風力発電」設立。
2003年には「株式会社自然エネルギー市民ファンド」が設立。
今やこの3団体で、11基もの風車が稼動しています。
すごい、1基2億円ぐらいする風車を11基!!

どういう仕組みかといいますと、
NPO法人「北海道グリーンファンド」の会員約1000名が、
毎月の電気料金を受け取ったら、
その電気料金の5%にあたる金額をファンドとして預けます。
1回で何万円も出すのは無理だけど、毎月5%の電気代の上乗せなら出来ます。
しかし、この程度では、いつまでたっても2億は遠い・・・

そこで、ここに建てたいと決まったら、
「株式会社自然エネルギー市民ファンド」でさらに出資を募ります。
できた風車は「株式会社市民風力発電」が管理運営。
さらに事業開発やコンサルティングをしています。

2001年に第1号「はまかぜ」ちゃんができてから、
これまでに3600人の一般市民から集まった出資は21億円。
すごいですねぇ。

風の力でできた電気は北海道電力に売電。
出資したお金は還ってきます。ファンドだもん。
これまでにつくった電気は15,800kW。
一般家庭の10000世帯分の電力に相当するそうです。

日本の北は、いい風が吹くからなぁ。
これからもどんどん建設が予定されています。
エ・ビ・スも参加を考えようかなぁ。
いや、大阪の「自然エネルギー市民の会」に頑張ってもらわないと。
最近ご無沙汰なので、また行ってみよ。
スポンサーサイト

コメント

こんにちは

はじめまして。
おひさまエネルギーファンド(株)の谷口と申します。RSSでたどり着きました。
私どもも自然エネルギー市民ファンドへ一部を投資しています。
弊社は北海道だけでなく、地域が限定されない太陽光パネルや省エネを用いて同じプロジェクトができないかということで、立ち上げております。
これからさらに各地へと活動の幅を広げられないかと模索中です。まずは現在の出資を集めることに注力しています。よろしければホームページもごらんください。(http://www.ohisama-fund.jp/

谷口様

ホームページを拝見させていただきました。資料請求はさせていただきます。
このサイトは基本的にNPO、NGOを研究するためのサイトなのですが、御社も「北海道グリーンファンド」のようにNPOからスタートしたのですか?

また説明会も開かれているようですが、大阪の開催予定はありますか?

はい、NPOです

資料ご請求ありがとうございます。
私どもは、長野県飯田市の、NPO法人南信州おひさま進歩というNPOからスタートしております。現在もNPOとして環境教育も「さんぽちゃん」というマスコットと共に行っております。北海道グリーンファンドをさきがけとし、NPOからファンドを事業として行うために有限会社化、株式会社化いたしました。投資事業先に石狩の風車もあります。

追記

すみません途中で投稿してしまったので、補足いたします。

大阪での説明会は2月に行いまして、今後の説明会に関しては未定でございます。ホームページにて、決まり次第お知らせいたします。現ファンドは7月末までの募集になっております。

谷口様

資料ご送付いただきありがとうございます。

また、NPOが前進にあるということ、了解しました。

しかし、エ・ビ・スは金融商品には、とんと疎く、ファンドの内容がイマイチ良くわかりません。
ソニー銀行の「地球温暖化対策株式ファンド」などを検討した時期があったのですが、???正直よくわかりますせん。
「温暖化防止おひさまファンド」の金銭的なメリット、デメリットが良くわからないんです。
ファンドへの投資は、資産の1/3ぐらいが適当だという話も聞きます。
1口10万円なら適当な額だと思うのですが・・・

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ebisu7163.blog116.fc2.com/tb.php/12-251ca6f4

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。