スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生ゴミ分別回収 ふるさと倶楽部 

「環境NGOと市民の集い」近畿ブロックの第2部 NGO取り組み発表会。
和歌山から来られていた「ふるさと倶楽部」
家庭から出る生ゴミを、堆肥にする活動をしている団体です。
10年前10数人の主婦から始まった、小さな活動です。
地域の特性にあった取り組みとも言えますが、
素晴らしい活動だと思います。

ブログランキングに参加しています。応援宜しくお願いします。
   ↓
にほんブログ村 大阪情報

きっかけは、
和歌山県御坊市の街中に住む主婦の疑問から。
毎日出てくる家庭の生ゴミ。
生ゴミって90%が水分です。
「これを燃やすのは変じゃない?」
ということだったそうです。
しかし、生ゴミを回収してもらわないとしたら・・・
夏場は臭うだろうし、蝿がたかって不衛生。

ふるさと倶楽部さんでは、コンポストを設置することにしています。
生ゴミを堆肥に。
これでゴミの減量ができます。

もともと御坊市は製材所が多くて、
木材の大鋸屑が沢山手に入るそうで、
これをコンポストに入れているそうです。
参加している各家庭では、生ゴミをポリバケツに入れて、
大鋸屑を混ぜるだけ。
これで2週間後には、立派な堆肥の出来上がり。
これを回収して、家庭菜園などに利用しているそうです。

平成17年には和歌山県環境賞を受賞。
平成19年には和歌山県NPO推進事業「団塊世代支援事業」に採択。
平成20年には環境再生保全機構「地球環境基金」の支援を受けているそうです。

現在は160軒の家庭が参加して、
せっせと堆肥を作っていらっしゃいます。

和歌山県御坊市、人口2万6000人の小さな町の活動ですが、
とても良い活動をされていますよね。
スポンサーサイト

コメント

素敵なブログですね~

ポチ!っとしていきますね

ありがとうございます

ご訪問ありがとうございます。
また、お立ち寄りください。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ebisu7163.blog116.fc2.com/tb.php/37-35e87e1f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。