スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子供達が髪の毛を寄付する ロックス・オブ・ラブ 

ロックスオブラブ

今からは信じられませんが、エ・ビ・スは昔ロンゲでした。
年々薄くなる頭髪・・・
伸ばすと落ち武者にしか見えないでしょうね・・・
別に歳が歳なのでかまわないのですが・・・

そういえば、女性は失恋すると髪を切ったりしますよね。
気分を変えて新たな自分になりたい気持ちはわかります。

さてその髪の毛はどうなるのでしょう・・・
いや、ごみになるだけなんでしょうけど。

ブログランキングに参加しています。応援宜しくお願いします。
   ↓
にほんブログ村 大阪情報

エ・ビ・スの奥様のお友達に、ハワイ在住の方が居ます。
ジュニマネ日記ってブログを作られているのですが、
ロックス・オブ・ラブという組織に切った髪の毛を送ったと言う記事を書かれていました。

髪の毛が必要な組織?

ロックス・オブ・ラブという組織、

 白血病や小児がんの治療で髪の毛を失ってしまった子供たち、
 カツラを買えないような経済状態の子供たちにカツラを配るために
 アメリカで発足したチャリティー組織です。


なんだそうです。
なるほど、そういうニーズがあるんですね。

方法は、結んで切った髪の毛を封筒に入れて、
ウェブサイトにある『HAIR DONATION FORM』とともに、送るだけ。

 10インチ以上の長さがあれば、染めてあっても
 白髪が混じっていてもOKだそうですよ。
 あ、でも、ブリーチしてある髪の毛だけはダメですって。
 カツラに加工する時、髪の毛に残っているブリーチの
 成分が、ヘンなケミカル反応をするんだそうです。


なんだそうで、これが役に立つなら良いですよね。
ある意味、臓器移植の一つのようにも感じます。

寄付している方々には、小さな子供達も沢山いるようです。
生まれてからずっと伸ばしていたロングヘアーをはじめてカット。
そのいわゆるバージンヘアーを寄付。
大人たちが「いいことをしたね!」と褒めてくれる。
こういう素晴らしい経験が子供達を育ててくれる。

良い話ですよね。
スポンサーサイト

コメント

エ・ビ・スさま

まいど、おひさです。

髪の毛の寄付ならボクでもできる!と思ったものの
10センチ以上なんすね...。
色もパーマも何にもしてないのに、肝心な長さが足りない。
残念っす...。

yoshi-kaさま

コメントありがとうございます。

yoshi-kaさんは髪の毛が短いですもんね。このボランティアは、男性は参加しにくいです。よっぽどロンゲならともかく・・・

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ebisu7163.blog116.fc2.com/tb.php/40-54e07372

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。