スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

菜の花・バイオマスによる循環型社会 NPO奈良ネイチャーネット 

菜の花プロジェクト
「環境NGOと市民の集い」近畿ブロックの第2部 NGO取り組み発表会。
奈良のNPO「奈良ネイチャーネット」のお話をお聞きしました。
奈良って遊休農地が多い県だったんですね。
県内の遊休農地比率は18%。
全国で7番目に多い地域です。
そこで菜の花の栽培をして、バイオディーゼルを生産しようという活動です。
もちろん、廃食油も回収しています。

ブログランキングに参加しています。応援宜しくお願いします。
   ↓
にほんブログ村 大阪情報
菜の花プロジェクトって全国にありますよね。
菜の花サミットなんかも開催されていて、
全国300の地域で展開しています。
奈良県では「菜の花・バイオマスプロジェクト会議」というのがあります。

まずは、廃食油の回収ステーションを設置して、
使用済みの油を回収。
しかし、県内の市町村39の内10箇所と、まだ少なくて、
奈良県全市町村に設置することが目標だそうです。
回収ボックス自体はすでに100ヶ所を越えていて、
計画を上回っているようです。

廃油の回収は京都がけっこう頑張っていますよね。
それに続け!ということでしょう。

菜の花の生産は、観光資源にもなるということで、
けっこう全国でブームになりましたよね。
精製するとなたね油になります。
「菜の花オーナー」制度というのもあって、
年会費3000円を払うと、30㎡の「菜の花畑」のオーナーになれます。
収穫の終わった8月に「新なたねオイル」300mlと500mlが2本貰えます。
使ったオイルは回収箱へ・・・という循環型です。

バイオディーゼルの生産量は月1000リットル。

奈良といえば、平城遷都1300年祭のキャラで、お騒がせな県。
その陰に隠れて、ある意味地味な活動をされています。
しかし、2010年に向けて、注目されているエリアなので、
頑張ってほしいものです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ebisu7163.blog116.fc2.com/tb.php/41-1317d6eb

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。