スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エコロジカルな生活 

NPO、NGOビジネスの研究サイトとしてスタートした『エ・ビ・スの社』
このところ、つくづく難しいテーマを選んだものだと、思います。
エコイストのライフスタイルの中に、
NPO、NGO活動が重要な位置を占めると考えて、
かなりのめりこんでいるわけですが、
「『エ・ビ・スの社』は読んでいて面白いのか?」という、
単純な疑問に悩まされています。

読者さまの声に「エコってなんですか?」というシンプルな問いがあり、
あらためて、原点に還って考えてみます。

ブログランキングに参加しています。応援宜しくお願いします。
   ↓
にほんブログ村 大阪情報
エコロジー・・・
1866年にエルンスト・ヘッケルが考えた言葉ですが。
日本語だと”生態学”になります。
自然などの環境の中で、生物がどのように暮らしているか?
また生物の生活がどのように環境に影響を与えるか?などを研究する学問です。

エ・ビ・スはもともと、この進化論の延長にあるような、
生物学としてのエコロジー=生態学からスタートしています。
「生物界における"歴史学"が進化論なら、"経済学"にあたるのが生態学である。」
なんてことも言われていて、このことにとても興味があるわけです。

しかし、世の中エコだらけ!
”生態学”という学問から遠く離れたところで、エコロジーが語られます。
ウィキペディアに
 「環境に配慮していそう」なファッションなどから、
 「地球に優しい」と称する最先端技術や企業活動、市民活動、
 「自然に帰れ」という現代文明否定論まで、きわめて広範囲にわたる。
とも書かれていて、なかなか面白い解説です。

確かに”生態学”のには、政治的生態学、社会的生態学、社会生物学の中の行動生態学、
はては人間生態学、産業生態学、都市生態学などの細かい分野まであって、
生物の状態をあらわせば、なんでも生態学になっちゃう感があります。
生物と環境の間の相互作用を扱う学問の宿命かもしれませんね。

さて、現在のエコロジーのなかでは、
このことを『循環型』といったり『持続可能な・・・』という言葉をつけたりします。
有限である石油からの脱却をする事によって、持続可能な社会ができる・・・
と言ったりします。
だからエコバックも資源リサイクルも、生態学上の研究からくる主張であるとも言えます。
『循環』しているか?がエコの基準になってますね。

ここで原点に立ち返ると・・・
生物と環境の間の相互作用を扱う学問=生態学=エコロジー。
良いも悪いも相互作用を考える、という重要性に至ります。

で、私達はなにをすればいいのでしょう・・・
ガンジーやキング牧師が言っている言葉で、
”偉大な運動の障害は、反対意見や暴力、避難中傷ではなく、民衆の無関心である”
というのがあって、
そう、まったく無関心だった人が、行動を起こすことによって、
大きな力になるし、相互作用が始まるということです。
達成するためには、『無関心』『嘲笑』『非難』『抑圧』『尊敬』という5つの段階を経る、
といわれていますが、
この”相互作用”が運動を先にすすめてくれるわけです。
生態学的=エコロジカルだとも言えますよね。

とすると・・・
「風が吹いたら桶屋が儲かる」ってのは、生態学ですかね?

今日も環境系セミナーに参加したり、
エコバッグを持って、マイ箸持って、NPO活動に参加するエ・ビ・スです。

スポンサーサイト

コメント

ありがとうございました

こんにちは。
早速ご説明をありがとうございます。

エコとは結局、「無関心でないこと」と受け止めてよいのでしょうか。
私は一市民でしかないので、団体を立ち上げたり、町を動かしたり
なんて事は見当もつかず到底無理なことです。
が無関心にならないことがエコへ繋がるのであれば、今後も勉強を続けて行こうと思います。

色々とありがとうございました。また拝見させていただきます。

結衣さま

こんにちは。

少し補足しますと・・・
たとえば政治の話。
国民は税金を払っている以上、よりよい政治にしてもらわないと困ります。しかしどんなに文句を言っても、ちっとも良くなりません。直接政治に参加できるのは、立候補するか投票するかしかありません。でも投票したい政治家がいないという理由で投票すらしていない方が多くいらっしゃいます。

これって、エコに良く似ています。
政治家になるってことは、プレーヤーなので、環境関連企業に就職して、環境問題の最先端に係わるってことですね。
政治団体などに参加して、政治家を応援するのはNPOやNGOなどに参加するのに似ています。
そこまでは・・・という方は、せめてマイバッグを持つとかマイ箸使うとか、ごみの分別や電気の節約をしてください。これは、選挙で投票だけは行く!ということに近いです。
もっとも良くないのは、そんなもの関係ねぇと無視することです。

結衣さんも、ぜひぜひ行動してください。それはどんなことでもかまいません。西川きよし元議員も「小さなことからコツコツと!」言ってました。政治家がそれでは困りますが、一般市民はそれで充分だと思います。

少しわかりました

こんばんは。

詳しく説明していただいて、少しですが理解できました。
よくよく考えてみると、とてもシンプルなことのようですね。
バックは持っているので、次はマイ箸・・・。と順を追って実践して行こうと思います。
それと団体は作れませんが、先日教えていただいたセミナーにも
参加して勉強するように努めようと思います。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ebisu7163.blog116.fc2.com/tb.php/50-5a873331

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。