スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

平成20年度大阪市市民環境調査隊終了 

エ・ビ・スが参加して2年目の市民環境調査隊。
『エ・ビ・スの社』をサボってる間、
2月7日に終わっちゃいました。
今回は記事の本数も少なかったし、
手を抜いてるように見えますよねぇ。
まぁ、確かに多少はそういう面も否めませんが・・・

例年は半年の活動ですが、今年度は8ヶ月の活動期間。
頑張ってやってたんです。
今年は2年目なので、ある種の余裕を持って楽しめました。
そう、大阪市の事業ではありますが、
楽しんでやらないと意味ないですから。

ブログランキングに参加しています。応援宜しくお願いします。
   ↓
にほんブログ村 大阪情報
エ・ビ・スの読者ならご存知だと思いますが、
大阪市市民環境調査隊というのは、
単なる大阪市の「重箱の隅ツツキ」調査隊ではありません。
調査が終了した暁には、
大阪市に対して政策提言をしなければなりません。
というより、市の政策をエ・ビ・ス達が考えることが出来る!
これはすごくやりがいがあって、楽しいんですよ。
そりゃもちろん必ず採択されるとは限りませんが、
施策反映のために、かなり前向きに考えてくれます。

今年のポイントは、
より質の高い施策提言を行う、ということでした。
これは達成できたと思いますね、手前味噌ですが。
各チームともに、去年と比べると格段にいい提言だったと思います。
大学の先生にも褒めていただきました。

しかし、ここでひとつ苦言を。

本来の調査隊の目的は何か?
政策の提言が目的なら、相当キャリアを積んだ隊員が必要です。
エ・ビ・スのチームは経験者が多かったので、かなり楽でしたが、
新人の調査隊員はついて来れてない気がしました。

大阪市の環境施策をより多くの市民に理解してもらうためなら、
政策提言は負担だし余分です。
PDCAサイクルのC=チェックを市民に担当させるなら、
提言は必要ないのでは?

まぁ、21年度もこの事業が続くなら、また参加はしたいと思いますけどね。
今年参加できれば3年目。
石の上にも3年と言いますからねぇ。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ebisu7163.blog116.fc2.com/tb.php/55-b36f4c25

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。