スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

その1杯の水に感謝を込めて 日本ユニセフ協会 

日本は水に恵まれている国です。
にもかかわらず、水を買ってる人が多いですよね。
一時期、水道水が不味いと言われたこともありました。
都市部では高度水処理技術が完備されていて、随分おいしくなっているのに。

でも世界では水で困っている地域が沢山あります。
むしろ困ってない国が珍しいぐらい。
そんな地域の方々のための募金活動が東京で行われています。
「TAP TOKYO」っていいます。

TAP

ブログランキングに参加しています。今日の『エ・ビ・スの社』は何位でしょうか?
   ↓
にほんブログ村 大阪情報

「きれいな水を、世界の子どもに。」が合言葉。
都内の300店のカフェやレストランで、3月20日~22日の3日間実施されています。
参加方法は簡単。
キャンペーンに協賛しているお店で、
普段無料でサービスされている「お冷や」に対して、
お客さんが任意でお金を払うというもの。
この寄付は店員が回収して、ユニセフに募金されます。

3月22日は「世界水の日」なんですね。
これに合わせたキャンペーン。
このTAP PROJECTは、去年ニューヨークで始まったもの。
今年は世界5ヶ国で開催されてます。

大阪では開催されていませんが、
もし開催されたらどうかなぁ。
いくら払います?
「このお金、お店の人がネコババするんちゃうか?」
と思う人が多そう・・・
しかも、お洒落なカフェでも、
水の不味い店がまだまだあります。

そんな方は、TAP PROJECTのWEBサイトからも募金できます。

こういう大掛かりなキャンペーンはれるのは、
東京だなぁ、と思いますし、
ユニセフだなぁ、とつくづく思うのです。

ちなみに博報堂が共同で行っています。
なるほどね。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ebisu7163.blog116.fc2.com/tb.php/57-ff5daf5c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。