スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

都会の里山 市民環境調査隊 

新・里山
淀川のフィールドワークのあと、
家が近いエ・ビ・スは一旦帰宅。
他の隊員の方には申し訳ないと思いつつ、
シャワーして着替えて食事して・・・

フィールドワーク第2弾は、
空中庭園のある大阪スカイビル。
積水ハウスさんの新梅田シティにある「新・里山」見学。
エ・ビ・スん家から自転車で5分の距離。

ブログランキングに参加しています。今日の『エ・ビ・スの社』は何位でしょうか?
   ↓
にほんブログ村 大阪情報

午後のスタートは、
積水ハウスさんのクーラーの効いた会議室での
座学からだったので助かりました。
中には午後から参加の方もいらっしゃって、
わかってたんですかね、午前中が過酷だってことを・・・

さて、積水ハウスさんの「新・里山」
積水ハウスさんと言えば「5本の樹」で有名。
以前セミナーを聞いたことがあって『エ・ビ・ス』でも取り上げています。
3本は野鳥のために、2本は蝶のためにってやつです。

積水ハウスさんの本社のある新梅田シティには、
完成当初から「中自然の森」ってのがあります。
最初はリスが居たんですけど、3年で居なくなっちゃったそうです。
それはそれとして、裏の方には花壇の公園があったんですが、
ここを潰して「新・里山」をつくりました。
以前は園芸用の草花を、シーズンごとに廃棄して植え替えていたそうです。
この8000平方メートルの土地に、
田んぼや畑もある里山をつくろう、取り組み始めたのが3年前。
りっぱな里山になりましたね。

今では猛禽類のハイタカもやってくるそうです。
このハイタカ。
1年で800匹近い小鳥を食べるそうで、
ってことは、それだけ餌になる小鳥が多いって事で、
環境の豊かさの指標になるそうです。

そこで疑問!
なぜ、この「新・里山」を調査隊がフィールドワークしなければならないか?
都会に里山を創出する!ってのは、すごくいいことだと思います。
でも、積水ハウスさんは、商売でやってます。
ようするにモデルハウスならぬモデルガーデンだから出来る事。
市の環境基本計画に入れられるか???
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ebisu7163.blog116.fc2.com/tb.php/79-ad3f1760

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。