スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブックオフに行って図書館をつくる NGO Room to Read 

ルーム・トゥ・リード
TVコマーシャルでも流れている、
ブックオフのブックス・トゥ・ザ・ピープル・プロジェクト。
「ブックオフで本を売ると開発途上国で図書館が出来る」ってヤツ。
エ・ビ・スも売りに行きました。
CDですけどね。
本を売るより、高く買い取ってくれます。
キャンペーン期間は8月いっぱい。
まだ1週間あるので、みんなで売りに行きましょう!!!

ブログランキングに参加しています。今日の『エ・ビ・スの社』は何位でしょうか?
   ↓
にほんブログ村 大阪情報
エ・ビ・スの知り合いの不動産会社の社長が、
ブータンに図書館を寄付したって話を聞きました。
どっかの商社の方に誘われて、寄付したらしいです。
お子さんのいない方で、
少しでも役に立てば・・・ということだそうです。

そりゃ、お金持ちなら、
図書館の1軒や2軒、どってことないんでしょうけど、
貧乏エ・ビ・スはブックオフしかできません。
だってブックオフなら買い取ってくれますから。

もともと古本屋さんって、リユース業。
エコな商売。
どうせ本を買うならブックオフをチェックしてから、
新刊を見に行ったりしてますが、ブックオフって仕入れが大変。
持って行くのがメンドーで、ついつい古紙回収に出しちゃいますからね。
欲しい本がないときが多いです。

それと、NGOルーム・トゥ・リードとジョイントができた
素晴らしいキャンペーンだと思います。

NGOルーム・トゥ・リードのCEOは、
元マイクロソフトのマーケティング・ディレクター。
これまで765校の学校の建設をして、
7168ヶ所に図書室とか図書館を設立してます。
テレビでも紹介されてましたよね。

先日レポートした、
コーズ・リレーテッド・マーケティング=CRMの好例だと思います。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ebisu7163.blog116.fc2.com/tb.php/83-ce06f1e6

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。