スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パナソニック「エコナビ」で植樹する 

FEE
CRM=コーズ・リレーテッド・マーケティングのひとつを
パナソニックがはじめるという記事を読みました。
パナソニックが発売するエコナビ搭載家電を購入すると、
1台につき1本の植樹をおこなうというもの。
10月から12月の間に30万本の植樹を目指すそうです。
これはグリーンウォッシュポクないか???

ブログランキングに参加しています。今日の『エ・ビ・スの社』は何位でしょうか?
   ↓
にほんブログ村 大阪情報
パナソニックに社名変更した松下さん。
「エコアイディア」ってキャッチフレーズの元に
省エネ家電を販売しています。
その省エネ家電の次に来る商品群がエコナビ搭載家電なんだそうで、
対象商品は、冷蔵庫、洗濯機、掃除機、エコキュート、
温水洗浄便座、食器洗い乾燥機、オートエコ調光付きツインPaシーリングライトの8機種。

う~ん・・・
そもそも電化製品に頼りすぎる生活ってのが、
温暖化を促進しているのでは?と思ってるエ・ビ・スとしては、
すでにこの時点で????がイッパイ頭の中をグルグル。
冷蔵庫、洗濯機、掃除機、エコキュートまではともかく、
他の3品はむしろムダじゃないのか?

確かに最新家電は省エネで家計の電気代もおさえてくれるので、
買い替えするなら絶対省エネ家電にすべきです。
そう思っているエコイストは、
購入時に相当性能を比較・検討して選ぶもの。
そりゃ、植樹してくれるのならそれにこしたことはないですが、
植樹してくれるから買うってもんでもないのでは?

これが、購入1台につき1本、ってんじゃなく、
何があってもパナソニックとして30万本植樹するってのなら話は別ですが・・・

それと、CRMを考える時、
自社の商品と関連がある対象であるほうが、消費者側としてもピッタリきます。
植樹なら紙とか木材をベースに商品開発をしている会社であるほうが、いいってこと。
パナソニックさんは、電化製品なんだからグリーン電力のほうがピッタリくると思う。

しかしパナソニックはこれまでも
「1台で、1本の植樹を!」キャンペーンをやってきたそうで、
累計180万本の植樹をおこなってきたんだとか。
それはそれで立派ですね。

ちなみに植樹は、
環境教育を推進する
国際NGO FEE(環境教育基金)のLEAF/エコスクールの協力を得ているそうです。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ebisu7163.blog116.fc2.com/tb.php/84-04c526ee

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。