スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロハス検定 

ロハス検定
NPO、NGOのプロジェクトのひとつに、
検定を主催するというものがあります。
それぞれの専門分野の知識を凝縮して、
合格者を表彰する。
知識の普及にもつながるし、
主催者の権威付けにもなります。

問題をつくる、採点するってのが、
すっごく大変で、自前で出来ない場合は、
すでにある検定を応援するという手もあります。

ブログランキングに参加しています。今日の『エ・ビ・スの社』は何位でしょうか?
   ↓
にほんブログ村 大阪情報
そう、検定ビジネス。
NPO、NGOの収入源としては有望ですが、
なにしろ検定が多すぎて、
ニーズを見誤ると、応募者が少なくって、
イマイチってこともあります。

さて、ロハス検定。ロハス委員会、日本野菜ソムリエ協会と
『ソトコト』を出版している木楽社が作りました。
鳴り物入りって感じです。

LOHAS=Lifestyles Of Health And Sustainability
健康や環境問題に関心の高い人々のライフスタイル。
商標の問題で、ややこしくなってたんですが、
新しいライフスタイルとしては、
定着してきてます。

検定内容は、
3級:ロハス生活入門
   身近な生活の中で 環境にも役立つ選択と実践ができる知識レベル
2級:ロハスビジネス入門
   環境系ビジネスでの活躍を目指す人に求められる基礎知識レベル
1級:ロハス活動家
   NPOや企業など”団体”の中で、重要な役割を果たせる人が持つ知識レベル
S級:社会起業家
   様々な分野で社会企業家として活動していける人が持つ知識レベル

第1回検定日は6月5日。
エ・ビ・スは受験しませんが、
テキストは欲しいですね。
勉強にはなりますから。

さて、漢検や英検のように、権威ある検定になるのでしょうか。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ebisu7163.blog116.fc2.com/tb.php/97-3c1184f7

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。